学際知の地平

ポストモダン・ポストナショナル・ポストグーテンベルク・ポストヒューマンな時代に不気味な民主主義を考える

言葉の持つ威力

今日、職場で次のような言説を耳にした。

左利きの人は13人に1人。AB型の人も13人に1人。そして、LGBTの人も13人に1人。LGBTの人は決して稀な存在ではない。

これを耳にしたとき、口には出さなかったが感じたことがある。左利きは1種類、AB型も1種類なのに、LGBTだけ4種類じゃん、と。つまり、レズの人は左利きの人やAB型の人より4倍も見つけづらい。同様にゲイの人、バイセクシャルな人、トランスジェンダーの人も、である(実際にはL・G・B・Tの存在割合が等しいわけではないので、個別に勘定して4倍というのも正確な表現ではない)。LGBTを「性的少数者」と1つに見なすのなら、LGBTへの偏見と受け止められそうだが、純粋に言葉の問題としては、4種類と言わずにサドやマゾ、あるいは特殊な性癖を持つ人も含めることも可能である。

また、左利きとまとめずに「足で食べずに手を使って食べる人」とか、AB型と言わず「なんらかの血液型を持っている人」とした場合、確率はものすごく高くなることだろう。つまり、冒頭の発言は比較の軸を間違えているから、ナンセンスな発言である。比較するには同位のもの同士しか比較にならないのである。

誤解のないように繰り返して言っておくが、LGBTが云々という話はしていない。言説におけるカテゴライズがおかしいと言っているのだ。カテゴライズを誤れば、その後に続く結論も、もちろん、ナンセンスである。論理展開をしていく上では、適切なカテゴライズが非常に重要な役を担っていることが理解できただろうと思う。

ところで、LGBTなる言葉の「発明」によってLGBTが存在したと言うことも出来る。僕が小中学生だった頃には、「セクハラ」も「モラハラ」も「アカハラ」も現象としてはあっただろうが、そうしたものは社会には存在していなかった。正確を期すれば、人々にそうした現象は認識されていなかったのである。同じように、「いじめ」の件数が増えたとか「鬱病患者が増えた」というのも、その存在を公に認識してカウントし始めたからであって、現象自体は今も昔も同じようにあったはずである。

他にも、「格差問題」について、「格差」自体は縄文時代からあったし、貧富の差は江戸時代のほうがよほど大きかっただろう。しかし、「問題」として認識されていなかった。封建制度下の身分制にあっては、「当たり前のこと」であり、「自明のこと」であったからだ。「格差」を「問題」として認識して初めて、格差は問題になったのである。

ある現象を言葉として捉えること。これだけで分析眼が備わるのである。この「言葉が持つ威力」は観察眼を鍛え、分析眼を鋭くさせるものである。だから、言葉に細心の注意を払い、可能な限り語彙を増やして表現力を磨いていくことは、知性を持つことに等しいのである。人は言葉に直せないものは認識できない。語彙や表現が少なければ、それだけ漠然と漫然と物事を見ているということになる。これでは気がつくことは出来ないし、まったく別のものを同じカテゴリーで見ることに繋がりかねない。

言葉の威力を認識し、言葉力を磨いていくことを強く勧めたい。

説明責任なるもの

2000年代に入った頃からであろうか、やたらと「アカウンタビリティ」なる経営学用語が日常生活に幅をきかせ、やがてカタカナでは通じにくいので「説明責任」と言い換えて、この言葉が横行してきたように思う。

話は少し逸れるが、「横行」という言葉が「秩序から逸脱した」という意味で用いられるところを見ると、日本社会では「縦」が正常な秩序なのであろう。「横に行く」ことは、マイナス要因として受け止められているのだ。「幅をきかせる」という言葉もまた、横方向への広がりである。

ということで、冒頭段落において、僕は「説明責任」なるものを好ましいと受け止めていないことを明らかにしたかったのである。これを今の日本社会で言うには少し勇気が必要だ。縦秩序である「上から目線」が忌避される状況にあっては、同等あるいは下位からの目線である「説明責任」こそが歓迎される姿勢であろう。僕の姿勢は、これに真っ向から対抗する姿勢であるからだ。

「教える」-「教わる」関係であるならば、上下関係は明確である。教える側は、その内容において教わる側よりも圧倒的優位に立っているからこそ、教えられるのだ。それを、「教育心理学でこのようになっているから、このように教える」だとか、「教育方法論でこのようになっているから、この手順で教えるのだ」とかというような「説明責任」を果たし、教わる側に納得して「いただいて」から教育を行なうものではない。

そもそも、学問でもスポーツでも、習得するなら苦を伴う。その苦に納得するならば、教わる側はマゾヒスト、ドMである。納得できない部分があるからこそ、強制力を働かせる必要もある。ここにおいて、「説明責任」なるものをしていられるものではない。だから、「説明責任」を果たすなら同意を得られるようなものに変える必要があり、教育は効果の薄い甘ったるいものになり、そこで教わる側は「客」になる。助長した客は手に余る。

一方で、「教える側」は、その内容において、圧倒的優位を確保しなければならない。そのための努力は並大抵ではないだろうが、だからこそ、「こうしなさい」と断定できるようになる。この相当な努力を放棄して「教える側」になるもっとも簡単な方法は、「説明責任」を果たして相手の同意を得、施す教育内容への責任を、その内容で素人である「教わる側」と分担してしまうことである。逆説的ではあるが、「説明責任」を果たすことで、責任の所在は曖昧になる。逆に言えば、「教える側」がプロでなくても、教えるという行為が出来るようになるのであるが、その質はいうまでもなく、下がる。

このことは、ここ数年の間、空転が続く国会、そして、その周縁である政治の世界についても、広く一般に言える。政党や議員はもはや「代表者」ではなく、一見すると言い訳にしか聞こえないような「説明責任」を観客である国民に一生懸命にするようになった。「代表者」というのは、「私はこうしたい」「私はこうするべきだと思う」と立場や意見を表明する者のことだ。その声が自分の声を代弁していると思えば国民はその人に投票する。これが代表制民主主義の姿である。

ところが、今での政治家は一生懸命に疑惑を追及し、不手際を詰り、不備を突く。つまり、野党は与党の「説明責任」を求めているだけなのだ。これでは、言論の府は成り立たない。彼らがしていることは検察なり警察なり、担当行政機関(実行部隊)がやればいいのであって、言論の府で議論を戦わせることと本質的にずれている。どうしたいのか、どうすべきなのかを語るからこそ、議論が始まるのであって、「説明責任」を求めるところに議論はない。

かくて、国民の代表たる議員に国民は代表されているとは感じなくなる。議員になることは、言い逃れに巧みになり、常に追求に戦々恐々としている状態に身を置くことである。これでは、まともな人間は議員になろうとはしない。教育界と同じく、「説明責任」なるものが質を低下させる現象はここでも起きてくる。

代表されていないと思えば、住民投票やら国民投票やらの直接民主主義に頼ろうとしてくる。代表制民主主義の限界説である。そこで、広く国民の間で議論をしようという流れも生まれてくる。最近流行のアクティブ・ラーニングだの大学入試へのディスカッション能力の導入だのという流れもそうである。しかし、アクティブ・ティーチングのないところ、自らの意見を正しいと押しつけるような立場や意見のないところに、そんなものは根付かない。形骸化するだけである。

だから、今こそ勇気を持って「上から目線」で「説明責任」を歯牙にもかけないような姿勢が必要なのだと思う。傲慢かもしれないが、そうしないと、クリエイティブな発想やら主体者・主人公としての自分の人生は手に入らないと思う今日この頃である。

民主主義は原初システム?

f:id:tribnia:20180211084821j:plain

今年の夏、文化人類学者のエマニュエル・トッドが新刊を出すという。今のところ、フランス語のものしか発売の告知がない。英語ないしは日本語でも発売されるとは思うが、秋以降になるだろうか。待ち遠しい。

さて、待ち遠しい理由であるが、発売に関するプロモーションを見ると、家族システムの歴史と民主主義の歴史も、ともに人類の歴史と同じくらい古い、つまり、両方とも原初からのものだという見解を示したという。そして、近年騒がれているリベラル・デモクラシー(自由民主主義)も同じくらい古く、権威主義体制や帝国主義体制から生まれてきたものではないと言い切る。

原初の家族形態が核家族だったとすれば、核家族はその利益を最高にするべく行動するが、それは個人主義的な価値観であり、これがリベラル・デモクラシーの萌芽であると看破する。家父長が核家族の利益を代表して公に出る。これがリベラル・デモクラシーの原型である、と。一定の説得力があるから、早く読んでみたいが、フランス語の書籍は無理なのが悔しい。

それにしても、これは、人口学者であったトッドらしい見方である。それと同時に、これまでの通説を覆すような提起である。従来からの伝統的な見方・視点、とりわけ政治学の分野からは出てこないような発想に思える。

ドラッカー社会学から経営学を生み、人口学者が政治学に取り組む。こうした学際知の成果、学問分野横断的な成果は21世紀らしい現象と思う。つまり、多様な価値観の存在を認めるということは、専門学問分野に門外漢を受け入れる精神的土壌があって初めて成り立つことだからだ。「素人」の新規参入は学問分野に新しい風を吹き込むことだと確認している。

一方で、従来からの伝統的な専門家が、それまでに築かれてきた知識の堆積に基づいて検証していくような体制が望ましいとも思う。新規参入を歓迎していく一方で、僕はやはり専門家の存在を軽視したくはない。ジェネラリストへの需要が高まる現状にあっても、スペシャリストの存在は欠くベかざるものだと思う。そして、ジェネラリストの存在は複数のスペシャリストによって集合的に形成されることが理想だと思っている。まったくの「素人」ではなく、自分の分野で専門家として学問的手法を知る人物が自分の分野外で活躍し、意見交換をし、発展させていくものこそが、本当の意味での学際知である。

この意味からも、トッドが夏に出版する本を心待ちにしている。

言葉は品性

マーガレット・ヒルダ・サッチャー元英首相の父、アルフレッド・ロバーツが幼い娘によくこう言っていたそうだ。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

この言葉をサッチャー回顧録で知ってから、僕自身もこれがお気に入りの箴言になった。この箴言は「内容」について語っている。思考の中身、言葉の意味、行動の含意、習慣の特性、性格の固有性、運命の堆積性などにたいして、その質的言及をしているのである。しかし、最近はこうした箴言以前の問題が「知識人」から溢れ出ている。日本の知性の低下を感じずにはいられない。

事象に対する批判や反論は大いに結構である。議論を重ねることで人々は理解し合い、物事が改善され、不測の事態の可能性を下げてくれるからだ。人は誰1人として同じ考えや境遇をもたないからこそ、ここに議論の必要性が存在するのである。だからこそ、きちんと議論をしなければならない。

汚い言葉遣いで人を罵倒するようなマネは議論にはあってはならないことである。その話の中身に対して批判や反論がされるべきであり、その発信者に向けられてはならないのである。この議論の初心者にありがちな初歩的なミスが我が国で「知識人」を自称する人々の口の端を汚している。

一国の宰相を「アベ」と呼び捨てにし、「アホノミクス」「頭オカシイ」と蔑み、個人への攻撃が著しい。一部の著名人にしても何人かの野党議員にしても、こうした傾向がある。これがたとえ一国の宰相でなくても、議論の相手を「おまえ」「てめぇ」呼ばわりしたら、議論は成立しなくなるだろう。

語弊を恐れずに言えば、こうした罵詈雑言を伴った批判・反論には一顧だにしないことにしている。この批判・反論は、その対象たる相手をまったく貶めないばかりか、発言者を大いに貶めていると思う。内容で論理的に論破できないから、口汚く罵る。知性の欠落状況である。知性ばかりか、人としての品性すら疑わしい。

議論の前に、議論を成立させる言葉について、まずは品性を疑われないような言葉遣いをしなくては、人の耳を傾かせることは出来ないだろう。たとえ内容が正しくても、罵詈雑言では耳障りな雑音でしかない。

最後に『図解 フィンランド・メソッド入門』で紹介されている小学5年生たちが自ら設定した議論の10箇条を紹介して、今回の投稿を終えようと思う。罵詈雑言も「議論が台無しになるようなこと」である。

① 他人の発言をさえぎらない
② 話すときは、だらだらとしゃべらない
③ 話すときに、怒ったり泣いたりしない
④ 分からないことがあったら、すぐに質問する
⑤ 話を聞くときは、話している人の目を見る
⑥ 話を聞くときは、他のことをしない
⑦ 最後まで、きちんと話を聞く
⑧ 議論が台無しになるようなことを言わない
⑨ どのような意見であっても、間違いと決めつけない
⑩ 議論が終わったら、議論の内容の話はしない

「お金2.0」を読んで

f:id:tribnia:20180118181901j:plain

 今、ベストセラーになっている「お金2.0」を発売日に購入。「なるほど」と読んでいる間に、ビットコインが50%近く急落し、「おいおいおい」となった。印象深い読書となった。

この本を手にとってみようと思ったのは、「仮想通貨」なるものを胡散臭く感じ、中央銀行によるコントロールの効かない、無法状態の「通貨」なんぞ、一時の流行だろうと思いつつ、しかし、今現在の潮流なら教壇に立つ身にとって「知らない」では済まされないだろうなぁと思ったからだ。かなり斜めに見ながら、この本を手にしたことになる。

しかし、書店で手に取ってパラパラめくってみると、「買わなくてはならん」と思った。そこには「あまりにも既存社会の常識とは違うので、今の経済のメインストリームにいる人たちにとっては懐疑や不安の対象になりやすい」と書かれていたのだ。経済学が専門ではないが、そこそこ学んできた自負はあり、12月中旬に経済学者と「仮想通貨」について議論を交わした時に、これを経済学の中でどう位置付けるかと話し、位置づけできないねで終わっていただけに、見透かされているような気がした。

だから、この著者がこの新しい現象をどう位置付けるのかを知りたくて購入した。本書の冒頭でも述べられているように、この本は専門家向けに書かれたものではない。だから、やや薄っぺらいというか、物足りなさは残った。現象を感覚的に述べているからだ。ここは批判すべきところではない。なんせ著者が最初に断りを入れているところなのだ。

言ってみれば、叩き上げの人物が自らの体験や嗅覚を頼りに、それまでの体験を整理し、まとめたものである。そういうドキュメンタリーというか、新潮流をのし上がってきた人物伝として読むと面白い。

一言で読後感想を述べるとすれば、「仮想通貨」とはカギカッコ付きの通貨であり、通貨と表現するよりは「株」である。しかも、投機的なものである。パラダイム・シフトをしないといけないと思いつつ、把握の仕方は「既存社会の常識」に囚われたままであると反省している。しかし、そうとしか把握できない。ここがパラダイム・シフトの難しいところだ。

今後とも、アンテナを張って少しずつ既存の殻を破るよう努めていこうと思う。

第4次産業革命の世界とは何か

昨年から、人工知能(AI)とかIoTとか自動運転車とか仮想通貨とかフィンテックとかを耳にする機会が増えた。こうした変化は、第4次産業革命と呼ばれている。簡単に歴史をおさらいしておくと、第1次産業革命は18世紀末以降の蒸気機関ないし水力による機械化であり、第2次産業革命は20世紀初頭の電力と分業による大量生産化であり、そして第3次産業革命は、1970年以降のコンピュータを用いたオートメーション化である。そして21世紀初頭、AIとIoTによる第4次産業革命が始まった。

産業革命とは、動力(エネルギー)や、それによる機械化を通して、人間の労働を省くものである。そして、それは人間の働き方を変え、ひいては社会構造に変化をもたらす。オクスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授とカール・ベネディクト・フレイ博士のチームが現状の仕事の半分近くが消滅するとの予想を出したが、第1次産業革命のときに「機械打ちこわし運動(ラッダイト運動)」が起きたように、労働の変化は社会的に大きな衝撃をもたらす。

実際、現金不要な支払いも定着してきつつあり、ICカードのみならず、さらなるテクノロジーの発展によって仮想通貨なるものも登場して、現実の一部店舗では仮想通貨による支払いもできるようになってきた。Google Homeに代表されるようなIoTの機器も、やがて実現する人間型ロボット(アンドロイド)の登場を予感させてくれる。過去の事例からして、新技術はものすごいスピードで発展し、急速に普及していくだろうと思われる。

そして、だからこそ、哲学や、哲学に繋がるような深い思考なるものも、同時に注目を浴びてくるのである。それは、そうした優秀な機械の登場が、人間とは何か、人間らしさとは何かという問題を鋭く突き付けてくるからに他ならない。機械が人間に取って代っていく場面が増えれば増えるほど、このことは同時に機械にはできないこと、人間にしかできないことが何かを明白に要求してくるはずである。

いわゆる本質論である。これまでの常識が非常識に変容し、予測不能な変化が日々起こるようになってくるであろう。そのときに対応できるものは、実は自分の頭で考えられることであり、変容や変化の本質を見抜き、対応していく能力である。本屋に新しい経済学や経済事象に関する解説本があふれ、思考法や深い思考を促す書籍があふれているのも、実はこうした時代の要請があってのことである。

時代の変化に取り残されないように最新技術についていくことも必要なことだが、それだけではなく、人間としての本質を見、あるいはその質を高めていかなければならないだろう。これが第4次産業革命の世界に生きる者の宿命と思う。

ハレの日は戻らず

振り袖販売・レンタル業「はれのひ」(横浜市)が突然休業し、成人式に晴れ着を着られない新成人が続出した事件をめぐる一連の報道に接し、いろいろと日本文化が表出しているなぁと感じた。本文を始める前に、まず被害者の皆さんにお見舞い申し上げます。

さて、まず店名の由来と思われる言葉は、「ハレの日」である。「ハレ」に対応する言葉は「ケ」である。これは、民俗学者柳田國男(明治8年~昭和37年)が日本文化に昔から存在してきた意識として提唱したものだ。「ハレ」は、神社の祭礼や寺院の法会、正月・節句・お盆といった年中行事、初宮参り・七五三・冠婚葬祭といった人生儀礼など、非日常的な行事が行われる時間や空間で、これ以外の普通の時を「ケ」という。

ちなみに、のちに文化人類学者の波平恵美子(昭和17年~)たちのグループが、ハレとケのいずれとも対立する「ケガレ」という概念を加えた(神道でいう「穢れ」とは多少ニュアンスが異なる)。波平は「ハレ⇔ケ⇔ケガレ⇔ハレ」と相互間が対立概念であると主張したが、同じグループの桜井徳太郎(大正6年~平成19年)は、「ハレ⇒ケ⇒ケガレ⇒ハレ」という循環論を主張した。

現在では、「ケ」と「ケガレ」は区別がややなくなった感があるが、「ハレ」は「晴れの舞台」や「晴れの日」、「晴れ着」といったように生き残っている。日本人が成人式という人生儀礼を「晴れの日」と捉え、特別な思いを抱いていることは明らかだろう。

しかるに、横浜市が被害者を中心に成人式を再度行なうことを検討しているというニュースが流れた。ここで僕は違和感を覚えた。着物を着ることがしたいわけではないだろう。「成人の日」という非日常空間で着ることに意味があるわけで、親戚同級生の集まる「この時この瞬間」でなければ意味を失うからである。被害者のみを集めてやり直したところで、本末転倒ではなかろうかと思うからである。そこにマスコミが殺到したら、被害者晒しであり、傷口を広げることになりはしまいか。

もちろん、その人生儀礼は人生で一度限りのもので、これを台無しにした業者は責任を取り切れるものではないし、その被害者へ向けての横浜市をはじめとした周囲の温かい気持ちも感じられる。「せめて」という気持ちなのだろう。しかし、である。「ケの日」に「ハレの日」は、日本人の意識としてできないであろうと思う。祝日という日本全体の空間の中でやること、特別なハレを作り出したところでやらなければならないのだ。

ところで、話は変わるが、成人が18歳に引き下げられることになり、今年、民法など関連法が25前後変更される。選挙年齢は既に変更されているが、関連する法律は今年中に改定される予定である。さて、来年から成人式を18歳にするならば、19歳の子たちはどこでハレの日に接することになるのだろうか。「特別な日」をきちんと履行することこそ、大切なことである。