読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

学際知の地平

ポストモダン・ポストナショナル・ポストグーテンベルク・ポストヒューマンな時代に不気味な民主主義を考える

今年は80投稿越えを達成しました

哲学思想

当ブログは、今年2015年8月15日にスタートした。その日から大晦日まで138日間ある中で、記事数は80投稿を超えた。単純計算で1.6日に一度は投稿してきたことになる。最初の宣言記事などもあると思えば、まぁ、2日に一度の投稿という数値であろうか。もっとも、出だしは毎日の投稿を心掛け、ブログを書く習慣が身についてきたところで間隔をあけてきたので、ブログとしてはかなりの不定期更新である。

だから、メルマガとか新聞雑誌などの定期刊行のものについて、そのすごさを認識した。ブログを書くことで最も苦労したことはネタを見つけてくることで、そうした媒体がよくもネタを見つけてくるものだと感心していた。日常生活の中で、ネタを探すのに必死になって周囲を見つめる様は異様であったかもしれない。しかし、おかげさまで観察眼というか、これまで以上によく物事を考えるようになった。

そして、こうしてブログを続けてこられたのには、各記事に星をつけてくれた人たち、このブログの読者になってくれた人たち、そして繰り返し訪問してくれている読者の人たちの御陰様であることは間違いない。時には更新から遠ざかる気持ちが強くなる時もあったが、一つの読み物として興味を持ってくれている人たちを放置できないとの使命感は、このブログを継続してくる一番の動機付けであった。ここに改めてお礼を申し上げたい。ありがとう。

読者の存在に多く勇気づけられながら、僕自身がブログから得たものは、自分自身の考えや思想の潮流めいたものを知れたことである。これを長く続けていけば、体系的になって整理ができるようになると予感できるほどに、自分自身が何者なのかを知ることができた。これまで、仲間内で発言してきた数々のことから、おおよその自分の傾向は把握できていたと自認する一方で、書いてアウトプットするという行為は、そこに精緻さを加えてくれたように思う。

年が明けてもまた頑張っていこうと思っているので、批判を含めて応援をどうぞよろしくお願いします。本年もお世話になりました。2015年の投稿はこれを最後とし、また来年、みなさまとともに歩んでいきたいと願っております。来年は読者の皆様との交流も生まれてくれればと期待を寄せています。